薬で改善を目指す【うつ病に絶対にならない人というのは存在しない】

サイトメニュー

誰もが一度は経験している

女性

環境変化に注意

うつ病になることで現れる症状は人によって様々ですが、精神的な不調と肉体的な不調の2種類が発症することが多いです。うつ病は精神疾患ですので精神面的な不調はほぼ確実に現れます。おもに抑鬱気分と呼ばれるもので、気分が落ち込んでやる気が起きない状態に陥ります。特に朝に症状が強く出ることが多く、夕方には気分が戻っている人も少なくありません。ただしうつは思考力の低下や注意力散漫状態を引き起こすため、仕事や生活に支障をきたす恐れがあります。些細な判断力が鈍ったり、人の話をうまく理解できなくなったりするなど少しずつほころびが生じます。昔はできていたことができなくなってしまうだけに、本人はショックを受けてさらに気分が沈んでしまうなど悪循環に陥りやすくなるので、抗鬱薬などでうまく付き合っていく必要があります。次に肉体的な不調ですが、こちらは個人差があります。主に睡眠障害、食欲不振、倦怠感などが代表的です。睡眠障害が出ている人は抗鬱薬と併せて睡眠導入剤も服薬していくことになります。人によって頭痛や胃痛、ホルモンバランスの乱れによる生理不順といった症状を発症するケースも少なくありません。心と体はリンクしているので、心の不調が続くと肉体のダメージもだんだんと大きくなっていきます。また、抑鬱のほかに躁状態も併発する双極性障害と診断されている人は、気分が異常に高揚する期間があります。このときは本人も気分がよく、疲れも感じずなんでもできるような気がしているいわば無敵状態です。しかしずっと続くわけではなくまた抑鬱状態がやってくるため、その落差による負担も薬を駆使して解決していく形になります。うつ病になりやすい人、なりにくい人というのは確かに存在しますが、うつ病に絶対にならない人というのは存在しません。実は人は一時的にでもうつ病と診断されるに足るだけの抑鬱状態になっている可能性があります。薬を処方されるほどではない軽度なものが多いのですが、放置したりその状態を長く我慢してしまったりすると症状が顕著にあらわれ出すのです。また、うつ病が発覚する際、ほとんどの人は精神科や心療内科ではなく内科でわかることが多いのです。これは自分が鬱状態であると気づかない、もしくは気分は沈んでいるけれど病気とまでは考えていなかった人が症状を放置し、肉体的に不調を感じ始めて内科を受診するためです。胃潰瘍や偏頭痛、生理不順などで受診する患者が大多数を占めており、内科的検査で原因不明と診断されると一度精神科や心療内科へ紹介状を書かれ、鬱が発覚するという形です。自分の心が限界にきているのに気づかなかったり我慢し続けてしまったりする人は責任感が強い人であることが多いため、治療開始初期は病気を受け入れられない人も多くいます。抗鬱薬なども抵抗があり、服用を拒否する人も中にはいますが、うつ病はほかの病気と同じで体の不調ですので、ゆっくりでいいので向き合っていく必要があります。また、この病気は環境の変化が多い人に発症リスクが高いという報告があり、引っ越しや転勤などの経験が多ければ多いほど鬱になりやすい傾向にあります。幼少期に親の転勤などで引っ越しや転校などの経験がある人は、自覚はなくとも経験がない人より発症リスクが高いことを知っておくとよいでしょう。

医者

うつの症状の治し方

自分がうつ病かなと感じた時は専門医のいる病院に予約をして、相談すれば病気かどうか正確に判断してくれます。精神病には薬を使った治療法が行われていますが、沢山種類があるので自分に合っているものを選ぶのが大切です。

カウンセリング

精神病治療で使われる製品

ストレスなどが原因で発生するうつ病は薬を使えば良い状態に変えられますが、使われる製品には複数の種類があります。薬は保険を利用して購入するので負担は小さく、十分な効果を得られるので利用者からも評価されています。

服用する女性

治療は早めに開始する

うつ病の治療は投薬治療が中心になりますが、早くに開始したほうが効き目があらわれやすいという特徴があります。しかし、薬を服用する時にはアルコールと同時摂取しないようにすることと、服用回数を守るよう気を付けましょう。